外観から綺麗に!機械式時計のケースの手入れ

外観を保つためにケースは毎日拭いておこう

高級装飾品である機械式時計は、ケースの手入れもその美観を保つ上で重要です。特に凹凸が激しいベゼルが付いている場合などは汚れがたまりやすいため、機械式時計を外したら必ず拭いて汚れを落とすようにしなければなりません。その際固い布で拭いてしまうとステンレスに細かい傷を残してしまうため、セーム革などの柔らかい布で拭くように心がけましょう。ラグやベゼルなどは柔らかい歯ブラシや綿棒を用い、凹凸に沿って汚れを落とすようにすると良いでしょう。

ケースに細かい傷が付いてしまった場合の対処

どんなに注意していても、やはりケースに傷が付いてしまうことがあります。大きな損傷の場合はケースを交換する必要がありますが、細かい傷の場合は自分でも落とすことができます。まずウィノールやアモールといったクラスの目の細かい研磨剤を購入し、それ塗布した後にセーム革などで磨けば、簡単に傷を消すことができます。こうした研磨剤にはワックス効果もあるため、傷が付いている箇所だけでなく、ケース全体を磨くようにすると良いでしょう。

ケースに付いた保護シールは付けたままの方が良い?

機械式時計を購入すると、ケースに傷が付かないように保護シールが貼られている場合があります。ケース保護の観点から、一見するとこのシールを付けたまま使用するほうが良いように感じますが、実際装着するに当たっては保護シールは必ず外すようにしましょう。ステンレスケースは空気に触れると皮膜を形成して錆びを防いでくれますが、シールによって空気に触れない箇所を作ってしまうと、そこから錆びが生じてしまうこともあるからです。

フランスの高級宝飾ブランドでハイジュエリーを中心に香水や時計等販売しており、創業者はフレデリック・ブシュロンです

未分類カテゴリーの記事