和菓子の先生になるにはどうしたらいい!?

和菓子教室を開きたい!

誰もが自分の好きなことを仕事にしてみたいと思うものですよね。お菓子作りが好きな人なら、小さな教室を借りて生徒さんに作り方を教えてみたいと思ったこともあるのでは?実際に教室を開くまでには大変そうではありますが、だからこそ実現した時の感動や仕事としてのやりがいは大きなものとなります。和菓子教室は和菓子職人にならなくても、ディプロマの資格を取れば解説できますよ。ディプロマは通学コースに一年くらい通って勉強します。

通学の和菓子コースの特徴

人に何かを教えるなら、その分野において十分理解していたり、高いレベルのスキルを持っていなくてはいけません。生徒さんたちから、これはどうやって作ればいいんですかと聞かれた時にちゃんと答えらないと生徒さんも困ってしまいます。和菓子の勉強をするための通学コースでは、和菓子の歴史や文化といった知識から、四季折々の和菓子の作り方や生計のテクニックなど必要なスキルを習得できます。少人数で落ち着いて学べるのも特徴です。

具体的な授業内容が気になる?

授業は和菓子の専門学校などで指導に当たった実績の確かな講師が担当してくれますので、質の高さは保証されているのも同じことですね。毎月一回のレッスンで何種類かの和菓子作りの実習をしたり、和菓子教室の先生として必要な知識を学びます。実習では生徒一人一人が課題に取り組むものと何人かのチームを組んで行うものとがありますから、生徒同士の連携も重要です。和菓子はおまんじゅうや柏餅などのポピュラーなものから美麗な 錦玉羹までたくさんの種類を作ります。

ずんだ餅は南東北で主に食べられている郷土料理であり、茹でた枝豆をすり潰し砂糖をあえたずんだで餅を包んだ食べ物です。

未分類カテゴリーの記事